鬱病の改善を目指す【原因を探って医師と一緒に治療に励もう】

2人のドクター

心と身体に大きな影響が

カウンセリング

どんな症状があるのか

鬱病という病名は多くの人に知られるようになりました。ストレスが引き金となって発症しているケースが多いため、現在のストレス社会の中では本人も気づかないうちに鬱病や予備軍となっている人が多くなって来ています。患者数も100万人を超えていて、海外に比べると日本では中高年層にも鬱病患者が多いのが特徴です。鬱病症状としてはやる気が出ない、気分が落ち込む、楽しいことが起こっても楽しいと思えない、悲観的になるといった精神的な症状が多くみられます。また、身体の倦怠感や不眠、頭や肩などに痛みが出ると言った身体的な症状も出てくることがあります。治療の方法は、まずは休養をとることです。人間の身体は傷んだ部分を自然に治してくれる治癒能力がありますが、鬱病は脳のエネルギー不足だとも言われています。ゆっくりと休養することにより、疲れてしまっている脳を癒していく方法で、場合によっては入院をすることもあります。それだけでは改善が見られない場合、投薬治療やカウンセリング、精神療法を行っていくケースが多くなっています。

自分で予防・改善するには

眠れない、だるい、やる気が起きないといった症状がある場合には、まずは病院で診察を受けるようにしましょう。近頃では心療内科が内科と併設されている医療機関も増えているため、気負わずに病院に行けるようになってきました。病院の薬をもらって治療するのも一つの方法ですが、自宅での過ごし方を少しずつ変えていくことで鬱病改善の手助けになります。まずはゆっくりと休養しましょう。精神的に疲れてしまっているときは、自分ではそれがわかりづらいことがあります。疲れたな、と思ったら、休息です。精神的なものをどうにかしなきゃ、と焦る気持ちもわかりますが、ゆっくりと身体を休養させることは精神の休養にも繋がります。好きなお茶やお菓子を食べたり、アロマを香らせるのも疲れた精神を癒してくれる方法です。楽になってくれば、近くを散歩したり、日の当たる場所でぼーっとして過ごすのも良いでしょう。そして少しずつで構わないので、身の回りを整理整頓する、規則正しい食事をするということを心がけるようにしましょう。