鬱病の改善を目指す【原因を探って医師と一緒に治療に励もう】

2人のドクター

うつは病院で治す

Female

知っておきたい原因とは

鬱病は現代ではけして珍しい病気ではなく、日本人の5%がこの病気で悩んでいると言われています。鬱病で知っておきたいのが、心の病気であるとともに脳の病気でもあるという事です。鬱病の原因の1つに、セロトニンの分泌不足があげられています。これは幸せホルモンなどとも呼ばれており正常に分泌されていると、楽しい、幸せだと感じること事ができリラックできるようになるのです。鬱病は精神科や心療内科で治療することができるのですが、薬を服用することによってこのセロトニンの分泌量を増やすことができるのです。ストレスやトラウマなどによる心の傷や疲れを改善させながら、脳内物質であるセロトニンを増やすと鬱病を治療する事ができようになります。鬱病は気持ちが落ち込んでしまい、生きている意味や楽しみがわからなくなってしまいます。しかし治療すれば治すことも可能なので、1人で悩まず病院に相談する必要があります。また周囲で元気ややる気を急になくしている人がいたら、鬱病の可能性があるので治療を進めてあげる事が大切なのです。

うつ治療の特徴とは

生まれつきポジティブな性格や、また周囲に鬱病の人がいないとなかなか鬱について理解してあげる事が難しくなってしまいます。鬱病の大きな特徴は、気持ちの落ち込みです。何をしていても楽しいと感じず、やる気や気力が失われてしまうのです。また自信を失うようになり、この先生きていても仕方がないなどと思うようになります。また鬱病は気持ちの変化だけでなく、身体にも症状が現れてきます。身体がだるく動くのが面倒になります。冷えや肩こりがひどくなって、めまいや頭痛なども起こります。また眠る事ができなくなり、心身ともに辛くなってしまうのです。しかしこのような症状も精神科や心療内科などで治療する事により改善する事ができます。病院による治療の特徴は、抗うつ剤や抗不安薬(精神安定剤)などを使ってセロトニンの分泌を促進させ、不安感や緊張を緩和してくれるのです。薬を飲むとやめられなくなるのでは、と不安に感じてしまいますが医師の指示を守ってしっかりと服用すれば大きな問題はなく、治療する事ができるのです。